身体の能力はアウトプット

2019/12/02 ブログ

皆さんは身体の健康を維持する、もしくは向上する為に何をしているでしょうか。

 

健康でいようと思ったときに、始めに考えられる事が「動く」事にあると思います。

 

動けなくては、家事、遊び、旅行何もすることができません。

 

そして動けなくては、筋力、筋持久力、心肺機能も鍛える事すらできません。

 

我々の身体は様々な次元で動く事ができます。

 

よく3Dと言いますよね。

 

身体は一定の方向性、負荷で動き続けると硬くなると言われています。

 

つまりウェイトマシーンのように一定の方向性、負荷でトレーニングしていてもスムーズな動きができるようになるとは限りません。

 

そこにプラスして、筋肉に掛けるテンションを変える事。

 

伸びる速度ゆっくりにしたり、加速したり、止めたり。

 

車のアクセルやブレーキ、そしてハンドル操作に適応するサスペンションのように、身体も車と全く同じです。

 

身体の問題はほとんどがソフトウェアにあると言われています。 つまり脳や神経に支配されている。 ハードの筋肉ではないということ。

 

痛いからって常にマッサージやストレッチが適切な処置ではないという事です。

 

人間が本来持つ、機能を取り戻すパターンを訓練したり、写真のように身体の連動性を考慮してトレーニングすることで、自然な身体を取り戻して痛みが軽減したり、予防することも可能になります。

 

我々の能力はアウトプットしていないと、その能力は失ってしまいます。 

 

筋肉のみに特化するのではなく、動き、負荷、方向性など身体を様々な状況に応対できるようになるようなトレーニングもルーティーンに加えてみてはいかがでしょうか。

 

では、、、